フルーツ酵素を取り入れてインナービューティ―を目指そう

2015/10/19ビューティ&ヘルス
LINEで送る
Pocket

季節の変わり目、なんとなくお肌の調子が優れないなと思うことはありませんか?
美肌づくりには、食べ物やドリンク、サプリなどの内側からのケアが8割、化粧品などの外側からケアが2割の割合で影響すると言われており、内側からケアするインナービューティ―を積極的に取り入れた方が効果的なのです。

インナービューティ―に気遣う人の中でよく耳にするワードの一つが“酵素”。
酵素はフルーツや生野菜に多く含まれ、美容と健康のために、昨今ではコールドプレスジュースやスムージーを飲む人も増えています。

スイーツのスペシャリストが参加する日本スイーツ協会主催の「スイーツコンシェルジュ交流会」でも、酵素をテーマとした講義が開催されるほど、健康志向の高まりと共にスイーツ業界でも酵素が注目されています。
>スイーツコンシェルジュとは

今回は、日本スイーツ協会のご協力により、交流会参加者向けに紹介された酵素の秘密と、手軽に作れる「フルーツ酵素ドリンク」のレシピをみなさんにご紹介します。

そもそも酵素とは何か?


酵素とはタンパク質でできています。体内に取り入れると、栄養素を分解してエネルギーに変えたり、老廃物を分解して吸収しやすくしたりといった働きがあります。
その種類は二万以上あるといわれ、生物のどんな細胞にも含まれています。生命活動に欠かせない重要な物質です。

~酵素不足になると?~

酵素は、不足すると毛細血管に血流がスムーズに流れにくい状態をつくり出します。
特に人の顔面は毛細血管が集中しており、酵素不足によって血流の悪くなった結果がシミやシワとなって肌に表れてしまうと言われています。

~酵素はどうして不足するの?~

体内で生成される代謝酵素は、加齢とともに働きが鈍くなり減少してしまうのが一般的です。
体外から食物酵素を補給することで、体内の新陳代謝を活性化し、アンチエイジングが期待できるのです。

~酵素を補うには?~

酵素は、食事からも摂取することができる栄養素です。
日本人は、昔から納豆などの発酵食品をとることで体内の代謝を促したり、脂肪分の多い魚やお肉は大根おろしを一緒にとることで体内の消化吸収を助けるなど、昔から上手に酵素を取り入れてきました。

朝からお昼にかけては、体の中にたまった老廃物を排出するデトックスタイムとも言われており、その時間帯に酵素をとるのがオススメだそうです。
これから寒くなる季節にも最適な体を温める効果も期待できるしょうがの入った「アップルジンジャー酵素ドリンク」の作り方をご紹介します。

1 2 3

LINEで送る
Pocket