NY発「愛され顔」になれる時短メイク (3)

2015/08/19PICKUP
LINEで送る
Pocket

 

INTERVIEW | インタビュー


メイクオーバーアーティスト Naoさんに聞いてみました

 

───NYでヘアメイクの仕事をするという夢を実現された感想をお聞かせください。
Nao 実は、まだ夢を実現したとは言えなくて・・・。
なんのあてもなくNYに来て約10カ月が経ち、今は言葉の壁にぶつかってまして…(笑)
今はテストシューティングの日々です。
とにかく今は、出来るだけ色々な方々とお会いするようにし、いただいたヘアメイクのお話は大小関わらず感謝して行かせてもらう…、そうして、少しずつですが、ネットワークを広げています。私のモチベーションは、日本で応援してくれている家族や友人、ライバルたち。
期待に応えなくちゃ!とお尻を叩かれたり、頑張ってる友人の活躍を見て、負けてられない!とライバル心を掻き立てられてますね。

───NYで生活していて困ること、楽しいことは何ですか?
Nao 困っていることは湯船になかなか浸かれないこと。
NYに来る前はしょっちゅうお風呂屋さんに行っていた私としては、シャワーだけは辛いかな…。
でも楽しいこともたくさんありますよ。
なによりいろんな国籍の方々と出会える喜びはNYならではですから。
日本人らしさも大事にしつつ、世界中の文化を知り触れることはクリエイティブな世界に何か繋げていけるかなと思います。

───日本のメイク界とNYのメイク界の違いはありますか?あればどういった点かお教えください。
Nao メイクの世界は奥が深いので、理解するにはまだまだ経験が足りていないのが本音。
ただ、NYでは、みな、もっと新しいものを取り入れたり、チャレンジを恐れていないと感じています。
日本ではweddingのヘアメイクがメインでしたが、ある時「ファッションのヘアメイクをやりたい」と言ったら、ベテランのメイクアップアーティストの方に「簡単にそんなこと言うな」と怒られまして(笑)その時に、上下関係、師弟関係の厳しさと現実を知りました。
こちらでも、日本同様に師弟関係はありますが、やる気と実力でチャンスは掴めると思います。実際、今年の2月にはNYコレクションのバックステージでメイクさせてもらえましたし。NYはとにかく挑戦させてもらえる場所ですね。

───ヘアメイクのイメージアイデアはどこから生まれますか?
Nao 今はよくインスタグラムをチェックしています。有名なメイクアップアーティストやフォトグラファー、モデル、ファッションマガジンなどファッション情報で溢れているんですよね。もちろんファッションマガジンを見ることもありますが、写真などはやはり、WEB上で見ることが多いですね。
あとは、アートが好きなのでよくギャラリーにいきます。
メイクとは直接関係ないですが、一つの作品にクリエイティブな世界が詰まっている事が多く、刺激を受けます。
NYにはフリーのギャラリーが何千とあって誰でも気軽にアートに触れることができ、アーティストが活動しやすい場所だなと実感しています。

───ストレス解消法はありますか?
Nao お料理とお酒!!
いろんな国籍の人々が集まる場所だからこそ、色んな食材が手に入るので、料理好きな私としてはテンションが上がる毎日です。日系のスーパーもあるので日本食を作ることももちろんあります。

あとは、公園が沢山あるので朝ランニングしたり夕方から友人とピクニックしたり。
ランニングは頭を空っぽにできるから、何かモヤモヤした時はイーストリバーパークまで走りにいきます。夏は日が長く8時過ぎまで明るいので芝生に寝転がってリラックスします。
最近はメディテーションも取り入れて、自分とのバランスを保っています。

───今、おすすめのコスメは何でしょう?
Nao ニューヨーカーの女性たちはオーガニックにこだわる傾向があり、オーガニックコスメが沢山あります。
私もケミカルなものはなるべく使いたくないしオーガニックコスメが好きです。
お気に入りはブルックリンにある”Brooklyn Flavors”というブランドのコスメ。小さな店内で全て手作りされたコスメはとにかくシンプルでナチュラルな素材で作られています。
とはいえ、日本のコスメが世界一だなと感じています。モデルさんに“日本のコスメだよ”と話すと、すごく喜ばれるので嬉しいですね。
日本から来る友人にいつもNYでは手に入らないコスメを持ってきてもらっています。

───今後の抱負をお教えください。
Nao 地元(福岡)でヘアメイクをしていた頃に「いつか、NYコレクションのメイクをしたい」と話したら鼻で笑われた時の事や「ファッションのメイクがしたい」と言って先輩から怒られた事も、全て忘れずに「全て実現してみせる」という思いで日々奮闘しています。
もっとNYのファッションメイクの世界に入り込み、ショーだけではなくマガジンでのメイクにも取り組みたいと思っています。
何事にも諦めないで続けて行くこと、自分のビジョンをしっかりとイメージし、ゆくゆくはNYだけにとどまらず日本のみならずアジア全体でメイクや美容の仕事するのが目標です。

───皆さんへのインフォメーションがあればどうぞ!
Nao 日本ではweddingの仕事をメインにやってきたので、NYでもweddingのヘアメイクをすることがあります。
今、NYでエンゲージメントフォトを撮影する日本人が増えており、ハネムーンと兼ねてくる方もいらっしゃいます。
NYでのロケーションは日本とはまた違って絵になりますし、異国の地で、あえて着物を着て撮影するのもオススメです。
もしNYで素敵なエンゲージメントフォトが撮りたい方は、NY在住のフォトグラファーもおりますのでお気軽にご相談くださいね。

 

PROFILE | プロフィール


makeover artist Nao

Naoko Kitano

美容学校卒業後に渡米。ニューヨークにてメイクを学び、帰国後、ブライダルや映画、CM制作のヘアメイクに従事。
より魅力を引き出すパーソナルカラーのパワーを知り、ブライダルヘアメイクに取り入れ、手がけた新郎新婦は500人超える。
キレイを目指す女性へ向けてのセミナー・講師等も数多く手がけ、更なるキャリアアップの為、2014年、再び渡米。現在、ニューヨークにて活動中。

HP:http://colorfulloop.wix.com/makeover
Instagram:https://instagram.com/makeovernao/
Facebookpage:https://www.facebook.com/makeover70

1 2 3

LINEで送る
Pocket