雨の日が好きになる過ごし方レシピ (5)

2015/06/24カルチャー
LINEで送る
Pocket

 

Recipe 4 あじさいの美しさに浸る


路地や街角で、目に飛び込んでくる鮮やかなあじさいは、一服の清涼剤、雨の似合う美しい花です。
見頃の時期はあじさいの名所が多い鎌倉を散歩して、和の心に浸ってみてはいかがですか?

明月院

鎌倉のあじさい寺として有名な明月院。
青色の姫あじさいが、6月中にますます色濃くなっていきます。
境内の階段左右をあじさいが埋め尽くす光景は、この季節の風物詩といえるでしょう。
1160年に平治の乱で没した首藤俊道の子の首藤經俊が父の供養の為に「明月庵」の名で創建しました。 1256年に北条時頼が、同じ地に「最明寺」を創建、のちに時頼が没して、北条時宗が「最明寺」を前身とした禅興寺」を創建します。 1380年に上杉憲方が「禅興寺」の中に、「塔頭 明月院」を復興させます。
明治初年に「禅興寺」は廃寺となり、塔頭の「明月院」のみを残し今日に至ります。
境内には北条時頼の墓所と時頼廟や、鎌倉で最大のやぐらがあるのも見どころの一つです。

INFORMATION | インフォメーション


明月院

住所:鎌倉市山ノ内189 北鎌倉駅徒歩約10分
TEL:0467-24-3437
拝観料:300円(6月は500円)
    本堂奥庭園入場はプラス500円
拝観時間: 8:30~17:00(6月)、9:00~16:00(通常)

 

四季の変化に富んだ日本、梅雨の雨は恵みの雨でもあります。 街を歩けば街路樹が雨に煙り、いつもと風景が変わって見えるこの季節、あなたの最適な過ごし方を見つけてくださいね。普段と違った自分に出会える機会かもしれませんよ。
HAVE A HAPPY RAINY DAY ! 

取材 佐東歩美

 

※本ページ記載の情報は取材時(2015年6月)のものです。価格、お取扱商品等に変更がある可能性がありますので、予めご了承ください。
1 2 3 4 5

LINEで送る
Pocket