[冬は毛糸のポンポンでほんわかDIY 第1回目] コーデにプラス おしゃれVer.

2016/01/15カルチャー
LINEで送る
Pocket

ぬくもりある手触りが心地よい毛糸を使ったDIYとして、編み物よりも気軽に楽しめる毛糸のポンポンをつかったアイテム作りが人気。

@Womanでは、毛糸の質感や色に拘ったオトナ女子が楽しめる方法と、親子で楽しみながら作る方法を二回に分けてご紹介します。

基本のポンポンのつくり方


作り方は、手に巻いても作れますが、厚紙を使うとより綺麗な形に仕上がります。

用意するもの: お好みの毛糸 厚紙 はさみ

① 厚紙の大きさは、縦はポンポンの大きさプラス1cm、横は縦より少し大きめにして図のようにカットする。

② 毛糸を巻く回数は25回~30回くらいが目安。毛糸の密度を上げたい場合は巻く回数を増やす。

③ 巻き終えたら、毛糸を切込み側に寄せて中心を結ぶ。

④ 厚紙を抜いて上下の輪の部分をカットする。

⑤ 丸い形になるように毛糸をカットして整える。

⑥ 完成!!

 

プラスオンで、大人かわいいを演出


シックな色合いのポンポンで、普段のコーデにアクセントをつけてみては?
毛糸の質感や色選びにこだわれば、プラスオンすることでオシャレ度もUP!

腕に

小さ目のポンポンをつくって腕にまきつけてミサンガ風に

カゴに

夏のイメージの強いカゴ、ポンポンをつけると冬のムードに

マフラーに

大きめのポンポンをマフラーにつけてほっこり感UP!

 

今回情報提供いただいたのは「アクセサリーヤーン MASAKI」。
大人の女性のイマジネーションをくすぐる美しい色とハイクオリティなテクスチャーの毛糸には、それぞれ繊細な世界感を表した名前がついています。
中でも「風雅“FUUGA”」は、米オバマ大統領夫人が就任式とノーベル平和賞の受賞式に着用されたニットに使用されて話題になりました。

取材 佐東歩美

 

INFORMATION | インフォメーション


アクセサリーヤーン MASAKI

http://www.masaki-yarn.jp/line_up.html

毛糸のオンラインショップ
http://shop.mkyoko.com/fs/crossitoff/c/accessory_yarn_masaki


LINEで送る
Pocket