バレンタインデーに行きたいとっておきの青山のカフェ

2015/01/23グルメ
LINEで送る
Pocket

今年のバレンタインデーは土曜日
美しいカフェでハッピーな時間を


バレンタインデーには表参道をふたりで散歩するのもいいですよね。カフェ選びに迷ったら、時間の流れが変わるような、美しいこの場所へ。
表参道交差点を根津美術館方面に向かい、一つ目の信号を右に路地を入ると石畳が広がるT-PLACE内に“ICHO”があります。そこは鴨脚暢(いちょう とおる)氏がデザインするクチュールアトリエ。その隣にある空間が”Cafe ICHO”です。

漆盆で供されるカフェオレとフォンダンショコラは丁寧につくられたことが感じられる深い味わい。ガラス窓から柔らかい陽光が差し込む中、フィンユールやラーセンの椅子で寛げば、何も話さなくても微笑みが浮かぶような幸せな空気に満たされます。

路地庭を思わせるアトリエとカフェの間の廊下には、京都の鴨脚家に伝わる江戸時代の武者人形が守護神のように鎮座していて、その凛々しい表情は一見の価値あり。

お腹がすいたらスパイシーで滋味深いカレーや、ミートパイもおすすめ。
ふたりの待ち合わせ場所にしたくなる素敵な空間です。


鴨脚里子
ICHO

鴨脚里子いちょうさとこさん

ホテル西洋銀座のフロントを経て、スイス航空に10年勤務。思い出深いフライトは、お子様一人旅の女の子に、CAの機内サービスをお手伝いしてもらい、大喜びされたこと。
義父の鴨脚暢(いちょう とおる)氏のクチュールカジュアルブランド「ICHO」では、接客を担当。お客様が自らを人前でどう見せたいかを伺い、その人自身のPRを、洋服を通して一緒にクリエイトしていきます。

お客様とのコミュニケ―ションの時間を多く過ごすうちに、お茶やケーキをお出しするようになり、それをきちんとした形にしたいと考え“Café ICHO”が誕生。
現在はEPOさん、伊藤ゴローさんなどの音楽コンサートも定期的に行われているそうです。
ご実家が釜石ということもあり、東日本大震災の支援プロジェクトを立ち上げて釜石でも活動中。寄贈された毛糸で作成されたオリジナルグッズはとても愛らしく、心もあたたまりそうな品です。
http://www.project-den.net/

取材・文 佐東歩美

 

@Woman読者特典

2015/2/14(土)先着ペア5組様にブラウニーをお付けします
「@Womanを見た」とお店の方にお伝えください

※特典期間を過ぎました。

 

 

 

INFORMATION | インフォメーション


ICHO(イチョウ)

ICHO(イチョウ)

住所:東京都港区南青山5-5-25
TプレイスB102
Tel: 03-5766-5680
営業時間:12:00~20:00
定休日:月曜日・第2火曜日
http://www.icho-tyo.jp/

※本ページ記載の情報は取材時のものです。お取扱メニュー等に変更がある可能性がありますので、予めご了承ください。

 


LINEで送る
Pocket