この夏、大ブームのかき氷は新次元へ!超人気店の美味しさの秘訣 [第2回]

2015/08/05グルメ
LINEで送る
Pocket

老若男女に愛され続けている「かき氷」、今やブームに。
氷をスイーツとしてはじめて楽しんだ人物は、古代ローマのジュリアス・シーザーといわれており、山の雪や氷を運ばせ、ミルクやワイン、蜜をかけて食べていたそうです。
日本では清少納言の「枕草子」に「あてなるもの(上品なもの)」のひとつとして、「削氷に甘葛(あまづら)入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と当時のかき氷が描写されています。
紀元前から世界中に愛され続けているかき氷は、今やバリエーションや形態も豊富になり新次元に突入。
特徴的なかき氷を提供する、超人気店を2回に分けてご紹介します。

「yelo」(イエロ)で真夜中も味わえる別次元のかき氷!


2014年、六本木通りの裏路地にオープン。
年中無休で月~土は11:00~翌朝5時(7~9月は10:00~)までオープンと、眠らない街六本木にピッタリの営業スタイル。
店名の「yelo」はスペイン語で「氷」のhieloが由来とのことです。
yeloのかき氷は、氷、シロップ、ミルク3種が奏でる極上のハーモニーが、従来のかき氷とは別次元のものであり、何度も氷にかけているので最後のひとすくいまで美味しい。その理由を探ったところ、4つの特徴をみつけました。

美味しさの4つの特徴


良質の純氷を丁寧に扱い、温度管理を徹底することで、きめ細かくフンワリとした削り出しの心地良い口溶けを表現。

シロップ

果物や野菜使用したバラエティ豊かな手作りシロップは、それぞれの風味を素直に楽しめる味わいに仕上げている。

自家製ミルクソース

ミルク本来の優しい甘味を引き出すために毎朝お店で仕込まれる特製ソースを使用するので、市販の練乳とは全く異なり、軽くてフレッシュな口あたりに。

トッピング

創業150年の老舗和菓子屋の「柴又・い志い」の餡でつくられた「あずき」や、香川県の伝統的なあられ菓子の「おいり」など、豊富なトッピングで自分だけのカスタマイズが可能

 

マンゴーラッシー

850円
人気のマンゴーはヨーグルトを贅沢に使用

パステルズ

950円
ローズとバニラのかき氷に、則包商店製・香川の伝統和菓子おいりをトッピング

アサイーヨーグルト

900円
グラノーラをふんだんに混ぜ入れ、まるでアサイーボウルのようなかき氷


熱帯夜で火照った身体をかき氷でクールダウンしたいとき、営業時間を気にせず食べに行けるのが嬉しいですね。
ヘルシー志向の素材をつかっているので、飲み会の後にもおすすめ。
是非一度、別次元を感じられるかき氷を味わってみてはいかがですか?

赤を基調としたインテリア、バーのようシックな空間
フリードリンクのルイボスティーあり

 

INFORMATION | インフォメーション


KAKIGORI CAFE&BAR yelo(イエロ)

住所:東京都港区六本木5-2-11
   パティオ六本木1F

東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」 徒歩4分
TEL:03-3423-2121
営業時間:月~土 11:00~翌朝5時、日・祝11:00~23:00
(7~9月は10:00よりオープン)
定休日:年中無休

※事前にリンク先ページをご参照ください
WEB:http://yelo.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/yelojp
Twitter:https://twitter.com/yelojp

取材 佐東歩美

 

※本ページ記載の情報は取材時(2015年7月)のものです。価格、お取扱商品等に変更がある可能性がありますので、予めご了承ください。

 


この夏、大ブームのかき氷は新次元へ!超人気店の美味しさの秘訣 [第1回]

≫「セバスチャン」 で“ドルチェ氷” かき氷の新次元を味わう!



LINEで送る
Pocket